オンライン授業5~ドイツ(前半)

コラム・インタビュー|インタビュー

2020.5.7 Thu

概要

 あやこさん家族が住むのは、南ドイツのバーデンビュルテンベルグ州、州都シュトゥットガルトから80kmほど離れたフロイデンシュタット市。人口3万人くらいの小さな街ですが、ドイツの中でもコロナウイルス感染者数が多い地域であり、3月下旬から街は完全にロックダウンしました。買い物に行っていいのも各家庭から一人のみ。スーパーの中では1.8メートルの距離を取らなければなりません。取り締まりもあるため、市民はしっかりとルールを守っています。
 
 あやこさんは2006年にこの街に移住してきました。いまは現地の公立学校に通うリサさん(小学1年生)、ケントさん(小学2年生)、マサトさん(小学6年生)の3人のお子さんがいます。ドイツでは小学校は4年制のため、マサトさんはドイツでは中等教育課程在籍となります。ドイツでは州ごとに教育内容も異なるため、あくまでも一例ではありますが、あやこさんのお子さんの通う学校の様子を伺いました。
 
(インタビュアー:石戸奈々子 超教育協会理事長)

ドイツの状況

 同州で初の感染者が出たのは1月28日。しかし、その時にはまだ対岸の火事といった様相でした。その後も感染者数の爆発的増加はなく、そのままファッシング休暇に入ります。ファッシングというのは春を祝うお祭りで、この期間は冬休みになります。可動式休暇ですが、今年は2月22日から3月頭でした。この冬休みが感染者数の増加のはじまりとなります。多くの家族がイタリアやオーストリアで休暇を過ごしたのです。まずイタリアからの帰国者の2週間自主隔離が始まりました。その1週間後にはオーストリア、チロル地方からの帰国者も対象となります。
 そして、冬休み明けからは、小中高校の登校は家庭判断となります。登校しなくても欠席扱いとならないということです。そして3月13日(金)の昼過ぎ、「17日(火)から休校になる」とアナウンスが入ります。しかし、そのわずか数時間後に訂正が入り、16日(月)からの休校が決定しました。

ドイツの遠隔教育

 突如決定した休校ですが、その週末の学校の対応がとても早かったといいます。小学校では、次の1週間分の課題(主要3教科:ドイツ語、英語、社会・理科の混合科目)が入った分厚い封筒が家庭のポストに日曜日には届いていました。

▲ 小学2年生の3週間分の課題一覧
1週間分ずつ全ての課題プリントがファイルされて自宅に届いた

 
 中学校では、休校後の1週間は先生から毎日メールで課題(ドイツ語、英語、算数)が送られてきました。当初は、休校は4月4日のイースターまで、つまり3週間程度の予定でしたが、3月末から感染者が急増。その頃から、中学校ではMoodleというプラットフォームを活用するようになります。学校のホームページからパスワードを入力し、自分のクラスのMoodleに入ると全教科の課題が掲載されています。当初はYouTubeの授業動画を見て問題を解くといった課題が主でしたが、イースター後からはオンライン授業も始まりました。といっても近況報告としての利用からスタート。はじめは授業はなし。その後、4月末に、5月25日までの休校延期が決定し、それに伴いリアルタイムの双方向型オンラインでの講義が始まりました。さらには、全教科の課題の管理もMoodle上で行われるようになります。

▲ 中学校で利用しているMoodle携帯用アプリの
オンライン授業スケジュール

▲ Moodle携帯用アプリの英語課題

【Moodle】
https://moodle.de/

休校延長の対応

 小学校も、当初は課題のポスト投函でしたが、イースター明けからMoodleの利用を開始しました。インターネットにアクセスできない家庭に対しては引き続きポスト投函対応。2,3人が該当したといいます。はじめはクラス全体の交流はなく、先生のみと個別に交流する機会が設けられました。手段はZoom、Skype、電話。
 
 しかし、さらなる休校延期に伴い小学校でも全教科がMoodleで管理され、課題提出方法もメールに切り替わりました。いまはドイツ語、算数の他に、理科、社会、図工、音楽、体育の課題も出されています。リアルタイムのオンライン授業はありませんが、先生が投稿した動画を見ながら課題をこなしています。しかし、先生の裁量で行われているため、担任が違えば方法も違うようです。

▲ 小学1年生の1週間の課題
時間指定はないが、曜日ごとにやるべき課題が掲載されている

 
「ドイツも小学校ではさほどデジタルを使った授業をしていたわけではないため、先生たちも今試行錯誤しているように見えます。」

▲ 理科の課題

 
 ロックダウン直後に、州政府が制作したコロナに関する子ども向けの解説動画が送られてきました。それにより子どもたちが状況を理解していたため、「外出したい」と言ったことは一度もないそうです。 「多くの子どもたちがこの動画により、コロナとはなにか?なぜ学校に行けないのか?どう過ごすべきなのか?をきちんと理解できました。そのステップが初めにあったのはとても良かったと思います。」
子どもたちの心のケアもしっかりとなされている様子です。
【新型コロナウィルスについての教材】
https://www.facebook.com/watch/?v=643304833068509

課題の内容

 課題は毎日定められていますが、どのように勉強に取り組むかは自由です。Moodleで課題を提出すると、翌日には添削して戻ってきます。絵を描き写真を先生に送る図工の課題、送られてくる曲を聴いて踊ったり歌ったりする音楽の課題もあります。先日は、「虹の絵と一言メッセージを作成して窓に貼る」というプロジェクト課題もありました。「Bleibt gesund (Stay healthy)」、「Wir bleiben zu Hause (Stay Home)」、「Wir lieben euch alle (We love you)」といったメッセージを書いていた子が大半でした。

 
 教科科目の宿題も普段から日本とは少々違うようです。「ドイツ語だったら、例えば「Z」という文字を習った日には、家の中を歩いてZのつく単語を探してこようといった生活と結びつけながら学ぶ宿題が多いです。」学校では、ディスカッションが重視されているため、先生からの一方的な講義よりも参加型の授業が多いそう。「算数の授業も、個人で問題を解くのではなく、チームで議論をしながら答えを導きます。いくつの解き方を見つけたかといったことを発表しています。」
残念ながらこのような友だちとのディスカッション型の授業はとても少なくなりました。そんな状況からか、「友だちと会いたいし、みんなでやる勉強の方が楽しいから、学校に行きたい」と子どもたちは嘆いているようです。
 
オンライン授業5~ドイツ(後半)へ続く

おすすめ記事

他カテゴリーを見る