超教育協会CHANNEL・第36回オンラインシンポ 「VR/ARで“もしも”の災害に備える~防災におけるITの役割や可能性」

活動報告|動画

2021.4.16 Fri
超教育協会CHANNEL・第36回オンラインシンポ 「VR/ARで“もしも”の災害に備える~防災におけるITの役割や可能性」

オンラインでの情報発信を目的に開設した「超教育協会CHANNEL」にて、第36回オンラインシンポの動画を公開しました。

 

超教育協会は2021年3月3日、神奈川歯科大学歯学部 総合教育部 教授 板宮朋基 氏を招いて、「VR/ARで“もしも”の災害に備える~防災におけるITの役割や可能性」と題したオンラインシンポジウムを開催。

 

前半では板宮氏が、「AR災害疑似体験アプリDisaster Scope®」や「VR津波体験ドライビングシミュレーター」の防災訓練への活用事例とその効果を紹介。 後半では超教育協会理事長の石戸奈々子を交え、視聴者からの質疑応答を行いました。 

 

 

レポート記事も公開しています。

前半:https://lot.or.jp/project/4274/

後半:https://lot.or.jp/project/4295/

おすすめ記事

他カテゴリーを見る