著作権ワーキンググループ

  • ICT教育の推進

概要

教科書教材のデジタル化にともなう、権利保護と円滑な利用をめざし、著作権者の立場と教材等制作者、学校等教育機関などの教育現場における利用者の特性と著作権に関わる課題を整理し、デジタル教材の著作権管理方法について提言し、アクションに移します。
 
主な活動は
• 補償金+ライセンスの運用について関係者と検討、協議
• 「学校教育の情報化の推進に関する法律案」の策定に協力
• 諸外国の教育補償金に関する文化庁調査を推進
• 教育著作権フォーラムに参画
• 補償金制度を踏まえた集中管理について提言(*)
 
<2019年度 WG開催について>
•第13回 2019年4月3日 13:30~15:00
議題:政府への意見とりまとめ他
 
<2018年度 WG開催について>
•第12回 2019年2月22日 10:30~12:00
議題:35条補償金関係の動向について
•第11回 2018年10月24日 13:00~15:00
議題:提言骨子案についての議論
•第10回 2018年9月14日15:45~17:00
議題:これまでのWGをふまえたディスカッション
•第9回 2018年7月24日 14:00~15:30
議題:第8回著作権WG課題について(各社による説明)
教育利用に関する著作権等管理協議会の報告 瀬尾太一座長
•第8回 2018年6月4日  13:30~15:00
議題:文化庁案件の報告 学校教育法・著作権法改正と今後について
 

*提言:補償金制度を踏まえた集中管理
 
 ・ライセンスを含む集中管理の拡大
 ・専修学校、各種学校、塾等を含む対象教育機関の拡大
 ・教育関連著作物に関する権利者情報データベースの構築
 ・ガイドラインの対象範囲拡大
 ・教育コンテンツクラウドの設計

 
<2017年度の活動>
著作権者の立場と教材等制作者、学校等教育機関といった教育現場における利用者の特性と著作権に関わる課題を中間報告にまとめました。

中間報告の内容は、以下の資料をご覧ください。(一般社団法人デジタル教科書教材協議会(DiTT)サイトへリンク)
DiTT著作権WG 概要
DiTT著作権WG中間報告
DiTT著作権WG中間報告・討議資料
2017年9月DiTTシンポジウム「円滑な著作物利用の実現に向けて」~DiTT著作権WG中間報告発表~