コンピュータサイエンス教育ポータルサイト

  • ICT教育の推進

概要

ComputerScience for ALLは、2020年の小学校段階におけるプログラミング教育必修化、コンピューターサイエンス教育のさらなる普及・充実に向けて、指導案やワークショップ事例、教材などの情報を集約したポータルサイトです。
主に下記の情報を集約・発信しています。現在100以上の授業・ワークショップ事例、50以上の教材・書籍、80以上のとりくみを紹介しております。

・指導案・ワークショップ事例の共有

・教材の紹介

・全国のとりくみ紹介

・インタビュー・コラムの発信

 

授業・ワークショップ例)

人にやさしい情報システムを考えよう(特別支援学校高等部・情報)

算数を使って考えよう(小学6年生・算数)

ロボットを世の中の役に立てよう(小学5年生・総合)

同音異義語クイズをつくろう(小学5年生・国語)

 

専門家インタビュー例)

ゼロから創造する力を育むのにプログラミングは有効 好きなことをして楽しく努力しよう

越塚登氏/東京大学 大学院情報学環 副学環長・教授 ユビキタス情報社会基盤研究センター長 博士(理学)

子どもたちの「創造的な学び」実現に向けて大切なこと

ミッチェル・レズニック/MITメディアラボ教授

デジタル化で「論理構造の変化」 学習者が主体的に学びをデザインできる時代に

藤原 洋/株式会社ブロードバンドタワーの代表取締役 会長兼社長 CEO