ゼロから創造する力を育むのにプログラミングは有効 好きなことをして楽しく努力しよう 東京大学 大学院情報学環 副学環長・教授 ユビキタス情報社会基盤研究センター長 博士(理学)(越塚登氏)

コラム・インタビュー|インタビュー

2018.11.28 Wed

インタビューについて

プログラミング教育普及ポータルサイト Computer Science for ALLでは、超教育協会理事長の石戸奈々子が、プログラミング教育の推進やIT人材の育成に関わる方々にインタビューを行なっています。さまざまな立場から、プログラミング教育に求めることや、その可能性について伺います。

今回は、東京大学 大学院情報学環 副学環長・教授でユビキタス情報社会基盤研究センター長の越塚 登氏に、AI(人工知能)やIoTなどテクノロジーが進展する中、子どもたちは「今、何をどう学ぶべきなのか」についてお話を伺いました。

こちらからインタビューをお読みいただけます。

おすすめ記事

他カテゴリーを見る